認定看護師が産休・育休・介護休制度ありの職場に転職する方法

認定看護師が産休・育休・介護休制度ありの職場に転職する方法

 

 

認定看護師として登録されている看護師は全国で1万人ほどですから、今でも認定看護師はどこの病院に行っても重宝されます。それで、認定看護師が出産や育児のために休職したいという場合には病院側は快く応じてくれるようです。新たに認定看護師を採用することを考えるよりは、休職している間他の看護師で回している方がコストもかからないと考えるからです。

 

認定看護師になる場合には豊富な経験や知識が求められるので、認定看護師になる人はある程度の年齢に行っている人が多いようです。認定看護師の資格は実務経験5年以上で、その内3年以上が認定看護師を目指す特定分野での実務経験が必要ということになります。とはいえ実際に認定看護師の資格取得を目指す年齢というのは、それ以上の経験を積んでいる場合がほとんどのようです。

 

看護協会は認定看護師の平均年齢を公表はしていませんが、様々な資料から導き出される平均年齢は35歳ほどになると考えられます。それで、この年齢から認定看護師のキャリアが始まるわけですから、数年後には親の介護という問題も出てきます。そこで、やはり介護休制度があるところを探すことを考える認定看護師も多いようです。

 

看護師にとっても重要ですが、認定看護師にとっても産休・育休・介護休制度ありの職場で働けるかどうかは安心感が違います。病院側も認定看護師を手放したくないという思いはありますが、認定看護師の方としても転職するよりは復職できた方が気が楽であることは確かです。それで、認定看護師をこれから目指すのであれば、長く働ける職場を探すことは重要なポイントになります。

 

認定看護師を目指せる環境で、かつその後も産休・育休・介護休制度ありの職場を探すのであれば、看護師専門の転職支援会社を利用することがおすすめです。自分で探すよりも効率的に、自分にピッタリの求人情報を集めることができます。下におすすめの転職支援サイトを紹介していますので、まずは登録してどれほど希望の求人があるか教えてもらってください。

 

アルバイト薬剤師  パート薬剤師